働く女性がぶつかる壁

現代では、高校や大学を卒業したら男女関係無く大抵の人が就職をします。正社員ではなくとも、職につきお金を稼ぎます。特に女性の働き方は変わってきていて、キャリアを積む人や会社の役員になる人、独立する人も増えてきています。男性と同じ土俵に立って働いています。

そんな中、どうしてもぶつかる壁は、結婚と出産です。結婚しても仕事の仕方はあまり変えなくても大丈夫な場合が多いですが、出産となるとそうはいきません。仕事が楽しくて、キャリアを積みたい女性が増えているため、婚期や出産時期が遅くなっていると言われています。出産しても職場に戻る人は増えてはいますが、なかなか今までのように働くことが難しくなります。子供が病気になれば、仕事を休まなくてはなりません。もし他に預かってくれる人がいたとしても、気になって仕方がないでしょう。また、仕事と育児の両立をしなくてはいけませんので、仕事が終わってからも家事や育児とやることがいっぱいです。もちろん自分一人で抱え込んではパンクしてしまうので、ご主人や両親、行政などの力を借りてうまく乗り越えなくてはいけないのです。

それでも出産は、女性だけが体験できる本当に素晴らしい事です。子供は何にも代えられない財産です。仕事が大切だからという理由だけで諦めてしまうのはもったいないことでしょう。政府も働きやすい環境を整えようと動き出していますから、もっと環境が良くなることを期待して、仕事も出産もと欲張りな生き方を追求する人がどんどん増えてもいいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です