雇用形態から働き方を考える

女性が生涯に渡る働き方を考える上で考慮したいのが、待遇の問題です。例えば正社員として勤務すればボーナスがもらえるだけでなく、安定した雇用を継続できます。高いお給料と生活の保証を得たい方にとって、向いている雇用形態であると言えます。また、社会で自分の実力を発揮する事によって、キャリアアップしていきたい方には最も魅力的な働き方です。

一方、女性の中には将来家庭に入って結婚生活や育児を頑張りたいと考えている人がいます。このような女性が正社員として勤務した場合、逆に家庭生活の時間を犠牲にしなければなりません。こうしたトラブルを避けたい場合、非正規雇用での勤務を考える事が大切です。非正規は正社員よりも安定的な雇用形態ではありませんが、一方それだけ重い責任を押し付けられない点がメリットとなります。残業がある場合、正社員が優先的に当てられるのです。

また、長期的ではなく育児の合間に短期間だけ勤務したい女性にとって、派遣社員は魅力的な働き方であると言えます。派遣の仕事は期間が限定されて働く事が多いですから、長きに渡って一つの会社に束縛される事がないのです。逆に、将来的に正社員勤務を考えているけれど育児による仕事のブランクがあって社会復帰が不安、と言う方にとっても試したい雇用形態です。派遣社員として社会に馴染んでから正社員の仕事を探せば、それだけ精神的な負担を軽減して勤務する事ができます。もちろんすぐに正社員の仕事が見つからない方にとっても嬉しい雇用形態です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です